あんしん|中島梓織



こんばんは、おぺです。


安心について考えます。

漠然とした不安、というのが、あると思うのですが、よくそれを感じます。なんか、なんかよくわかんないけど、なんか、よくない気がする。別になにがとかではなく。なんか。なんかね。

不安になったときはそれをなるべく具体的にする、細分化する、可視化する、というのはよくやってきたことですし、いいへんじでやっていることもざっくりといえばそれです。

それなのですが、最近はそれもサボって、細分化なんてせずに、

ん〜〜〜なんかふあん〜〜〜でもねちゃう。

みたいなことが多いです。


寝れるならいいだろ!寝て忘れろ!

そうなんですよ。

寝れるならいいじゃないですか。寝て忘れられるくらいの不安なら、初めから不安がらなければいいじゃないですか。って思います。


じゃあ、なんで、わざわざ。。

そこに、おそらく、「不安であることの安心」が、あるからだと思うのです。


(このことはまたいつか書けたらと思うのですが、)20年そこらしか生きていませんが、いまのところ、怒られたり叱られたりすることが少なかった人生でした。自分としてはそう感じています。

で、少ないからラッキー、というよりは、怒られたり叱られたりしないけど、わたしこういうとこあるんだよな、、自覚自覚、、という思考に行きがちです。

自分で自分を監視してないと、不安、みたいな。

監視、っていうと、けっこうおおげさな言い方ですけど、いいことか悪いことか、というか、なにか悪いことしてないか、自分で把握できていないと、不安、みたいな。

逆を言えば、不安、ということは、わたしなにか悪いことしてないかな、という思考が働いているということ(が多い)ので、ちゃんと自分を見ておこうとしているな、自覚しようとしているな、というそれ自体は、安心。

誰かに怒られたり叱られたりはしないけど、自分でそれを捉えようとしているから、安心。(捉えられてるかどうかは別として。) 

だから、不安だと安心なんだな、って。だから、とりあえず、ふあん〜〜〜って「なる」、というより、ふあん〜〜〜って「してる」んだろうな、って。


健康に悪くない?!

その安心、めちゃくちゃ健康に悪いじゃん!

しかも、もともとは「わたしなにか悪いことしてないかな」と判断したくて、把握しておきたくて、不安になってたのに、最近の自分ときたら、「不安である」だけで満足して、寝ちゃう。

形骸化!


そんなの、「自分は今日も善く生きた」って思いながら生きてるほうがぜんぜんいいじゃん、みたいな。。


まあでもやっぱり自分のことは日々顧みながら生きていきたくて、だからこうやって、不安に安心してる不安の具体化、細分化、可視化はできたから、ちょっと、安心したんですけどね。


なんでこんなこと書いたかというと、最近はずっと「いきすぎた自己完結」の恐ろしさのことを、考えているからです。

漠然と不安、その正体、その対処、それだなあと思って。

稽古でも、普段の生活でも、自分以外のひとに意見を求めることが、いままでより、より多くなってきたのも、それゆえかもしれないです。

求めすぎちゃってたらごめんなさい。不慣れ。。



もう、とりあえず、部屋を掃除したらいいんだと思う!!!!!



0コメント

  • 1000 / 1000