いいへんじ

記事一覧(206)

おしまい|中島梓織

こんばんは、おぺです。昨日を持ちまして、『夏眠』と『過眠』の全ステージが終了いたしました。ご来場いただきました皆さま、気にかけていただきました皆さま、関係者、スタッフの皆さま、ほんとうにありがとうございました。わたしのなかにある「物語」のことを、わたしのなかのあなたのことを、あなたといっしょに考えるのは、ものすごく苦しくて、ものすごく楽しかったです。ここでいう、あなたは、俳優のことでもあるし、スタッフの皆さまのことでもあるし、観客の皆さまのことでもあるし、輝かしい未来のことでもあるし、懐かしい過去のことでもあるし、それでもやっぱり、隣にいるあなたのことでもありました。『夏眠』では、わたしのなかのあなたを、あくまでわたしの視点から、わたしはわたしのことしか書けないという前提から、ずっと会いに行きたかったり、ずっと会いに行きたくなかったり、やっぱり会いに行けなかったり、やっぱり会いに行ったり、しました。会いに行くにも、一旦、「会いに来てよ」って言ってくれるわたしのなかのあなたが必要だったわたしが、これからも大切なことを忘れないための、大切な作品になりました。『過眠』では、はじめて、わたしの知らないところの話を書きました。わたしの知らないところでは、あなたには、わたしの声は聞こえていなくて、聞こえていないことが、絶望だったりもしたけれど、希望だったりもしたかもしれない。最後にスギタくんに届いた手紙には、それまでのナツミちゃんには、いままでのわたしには書けなかった言葉がありました。ラブレターは、ひとりで書くもんじゃないんだなって、気づくことができました。少しずつ、少しずつ、少しずつでいいから、少しずつでしかできないけれど、わたしの話だけではなくて、わたしとあなたの話ができるようになりたい。わたしは、あなたが思っているよりも、ややこしくて、めんどうくさくて、不器用な人間なので、(ここでいうあなたもわたしのなかのあなたでしかないので、もしかしたら、わたしのことをややこしい人間だとわかっているあなたもいるかもしれませんが、)(こういういいわけみたいなのがめんどうくさくて不器用なところなのですが、)ちょっとずつ、ちょっとずつ、目の前にあることからしか考えられません。わたしが、目の前のことだけに一生懸命になってしまうことによって、傷つけてしまったあなたもいれば、怒らせてしまったあなたもいました。心配も、迷惑も、たくさんかけてしまいました。ごめんなさいということしかできませんでした。こんなわたしだから、わたしのことで手一杯のわたしだから、わたしとあなたの話、ましてや、それよりもっとひろくてふかい、社会や世界の話なんて、できないだろう、と思っていたのです。してはいけないだろう、と思っていたのです。それでも、ちょっとだけ、一歩だけ、足を踏み出して、あなたのことを考えてみようと、わからないということに触れてみようと、『夏眠』と『過眠』を書きました。終わってしまって、思うのは、もしかしたら、まだまだ、あきらめたくないのかもしれないということです。わたしとあなたの間にあるもののこと。わたしとあなたの間にあるもの以外のこと。あなたと、会って、お話をしながら、いっしょに考えること、いっしょに何かをつくること、あきらめたくないのかもしれないです。というわけで、まだまだ、ぜんぜん、へたっぴだけど、ちょっとずつ、ちょっとずつ、ちょっとずつでも、強くなって、あなたのことを守れるように、あなたに会いに行けるように、がんばっていくので、がんばって会いに行くので、だから、これからも、あなたには、待っていてもらえたら、うれしいです。それはまことに幸いでございます。みたいな。幸い、でー、、、す。たくさんの方々に、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。 

2日目 これから3日目|松浦みる

本番が始まってから、更新時間や1日交代制がガバガバです。良くないですね。そういうとこです、全てはそういうとこ。これを読んでくださっている方が別に気にしなくとも、私が一番気にするんです。だって旗揚げのとき=一年前はできてたし。できてたことをやれなくなったのは、大切にしてたことを大切にしなくなったって事で、やろうと決めたことは辞めようと決めるまできちんとやり続けるべきなので、良くないのです。だから私は、アラームかけずに寝落ちしたら奇跡的に7時に目が覚めた朝、更新させていただきます。SAF+、私は出演者としての役目を終え、いらっしゃいませパンフレットの置いてあるお好きなお席にどうぞ係として受付まわりでうろうろしています。だから、今週の月曜日まで一緒に舞台に立っていたお2人が、今週の月曜日まで私が演じていた子について喋っているのを、外で時間を見ながら「あー今ここらへんかな」って思いながら台本の製本とかやってるんですけど、スタッフだから作品に思い入れが強いとか弱いではなくて、関わり方の種類ががらっと違うことになんか行き場のない気持ちがあり、行き場がないな〜笑笑って自分でのみこんでいます。まあ、毎回がっつり観たところで、私の入る隙はないというか、もう何もできないので、最後まで身体に気をつけて、少しでも内田さんと萩原さんと中島が楽しければいいな と思います。そんなこんなで『過眠』たくさんのご感想、ありがとうございます。我々も考えて考えて作ってきましたが、夏の方観てないから分かんなかったよ!など、気になる点ありましたらどうぞぶつけてください。ユニット員が出ない、男性しか出ない、というのはいいへんじでは初めてで、劇場に入るまでは「いいへんじらしくないな〜」と思ってました。ユニット員が「らしくないな〜」とか思うのも考えものです。中島がアフタートークで、「あまり細かく演出をつけすぎないように意識した」と言っていましたが、それに加えて、今回の出演者である内田さん萩原さんが、「いいへんじらしい」に寄せないで演じてくださっているのが大きいなと感じます。いいへんじらしい って割と分かりやすいし、中島の演出をそのままやるとわりと誰がやってもらしくはなるのでは?私なんかは本当に「らしい」の核ですよね、演出が何を求めているのか、どういうのが好きなのか、めちゃめちゃ気にするし、できるならその意図通りにやりたいってしちゃいます。「過眠」はもう一個のテーマとして、演出家と俳優の権力差 について考えている作品ですが、私が、まあそういうものだし仕方ないよねって思っていたことでも、中島が問題提起してはじめて考えてみようという気にさせられます。だから自分から発信することが私はあまりなく、そういうのも力の差に影響しちゃっていると思います。全員が同じ立場で考えて、応えを受け取りあえる場にするには、私たちはこのままではダメだし具体的に解決策を見つけて変えていかなければいけないのですが、まさにその問題をリアルタイムで考えて悩んだまま本番やっちゃったら意識分散してセリフ噛んじゃうので、こうやって、外からいいへんじを見ることができるこの機会に、からっと風通しよく考えごとをしてみています。考えることをやめちゃいけない なんてよく言いますが別にやめていいし、人それぞれ興味の強さも違うから誰かが考えたことを受け取るだけでいいやって人もいるし、考えたことを共有したいのにその場をつくることが下手くそで本当にまだまだですが、今日も池袋でお芝居を上演するし、私はいらっしゃいませをします。我々は最終日です!よく歩いて食べて笑って話して、いい木曜日になりますように!!

1日目|中島梓織

『夏眠』最終日|松浦みる

皆さんが書いてくださった紙のアンケート、SNSやネットでのご感想、読ませていただいています。ありがとうございます。今日で「夏眠」は終わりました。いいへんじの作品が、何か、考えたり話したり会ったりするきっかけになれれば っていうのは、旗揚げ当初からずっと言ってるし考えてみたら舞台の当たり前の機能なのですが、私たちのもとに寄せられた感想、考えたこと が私たちに届いて終わりでこちらから「いやそうなんですよ、そこは〜」って会話を続けられないのがもどかしいし、舞台では私はいつも中島の言葉を借りて、発しているだけで、じゃあ私は何を考えてるの?言わなくていいの?ずるいかな?って思ってて、というわけで、これが恋の話なのかそうではないのか とか、共有や約束の話とか、自己完結とか 私がこの作品をきっかけに考えたことを ここに共有、したいのですが、明日から始まる「過眠」を、出ない人としてしっかり見て考えるための体力と容量をいったんためようと思います。どらま館での1週間弱、とても楽しかったです。最近「あっという間だったな〜」と思うことがあまりなく、今回も毎日17歳と22歳を行ったり来たり、噛み締めまくり・全然あっという間ではなかったのですが、楽しく濃い時間でした。集合写真は今日は載せません。代わりにスペシャルサンクスを。

2日目 3日目|中島梓織

準備はいいですか?|松浦みる

明日からいよいよ、どらま館に入るのです。舞台セットは椅子を並べるだけ のことが多いいいへんじですが、今回は、椅子並べないし平面じゃありません。舞台から見た景色が楽しみです。音響照明のきっかけの確認もしました。照明のきっかけは、もう小島日和ちゃんにお任せしているのですが、バージョンによって照明が変わるタイミングが違うようです。セリフはおんなじなんですけど、え〜どゆこと〜って、私はやってるからあんまり分かんなくて、ものすごく明日から、楽しみです。今まで、2バージョンを行ったり来たりしながら稽古してきました。ここがこう違う と言葉だけで覚えてもできなくて、内田さんと萩原さんのお2人が目の前でやってくださることを頼りに、今日の最終通しまできました。ぶれないでくださいね、とても頼りにしているので、ぶれたら私もそれに合わせてぶれちゃうので、その時は一緒にぶれましょうね。2人芝居、とても自由で楽しいです。2人芝居だから2人でずっと喋ってることになるんですけど、だからちゃんと相手のことが見えるので、2人で合意したらもう自由にいろんな方向いけちゃうんですよね。大変なのはセリフ量です。単純に。2人だから。60分の芝居の半分は自分が喋ってるし、どっちかっていうと喋るのが私でいっぱい喋るから、喉には気をつけます。喉ぐるぐるにあっためて寝ます。カレー食べちゃったけど。身体にはいいけど喉には良くないスパイスたち。今日は雨だし寒いので、あったかいもの食べて、あったかいもの飲んで、ストレッチして血流よくして、締め付けないパジャマで、ブルーライトは遮断して、なんかいい匂いの何かを嗅いで、寝ましょ。今週の金曜日から皆さまに見てもらえるので、我々はコツコツと準備に励みます。

手紙を書きました|中島梓織

こんばんは、おぺです。昨日、「おとといのわたしへ」というタイトルで、手紙形式のブログを書いていました。が、眠たくなって、眠ってしまいました。ゆえに、一日更新が空いてしまいました。すみませんでした。一晩明けて読んでみて、更新しなくてよかったなと思いました。(笑)不特定多数に向けて書くブログよりも、宛先が決まっているお手紙のほうが、素直な気持ちを書けるので、素直な気持ちを書いてしまうので? いつも以上に、いろんなものが「出ちゃってる」文章でした。あぶないあぶない。自分への手紙だしね。しまっとこ。お手紙のことは何度もブログに書いていますが、昨日書きたかったのは「過去の自分へのお手紙」でした。「未来の自分へのお手紙」でもありですね。どちらにせよ、自分にお手紙を書くことについて、考えてみたかったのです。昨日のわたしが、一昨々日のわたしに、お手紙を書こうと思ったのは、一昨々日のわたしよりも、昨日のわたしが「大丈夫」だったからです。一昨々日のわたしに「大丈夫だよ」って言ってあげたくなったからです。う〜ん、でも、そんなの、一昨々日のわたしからしたら「うそでしょ(泣)」って感じです。大丈夫じゃないときって、いくら大丈夫だよって言われても、「いやいま大丈夫じゃないからあ!(泣)」って、つっぷしてしまいます。しかも、そもそも、昨日のわたしがお手紙を書いたとて、一昨々日のわたしにそのお手紙が届くことはないわけじゃないですか。だから、まあ、一昨々日の夜は、ただただ、大丈夫じゃないだけの夜だったわけです。それでも、昨日のわたしがお手紙を書きたかったのは、なぜ、、おそらく、昨日のわたしも、ちょっと大丈夫じゃなかったからだと思います。まあこれ、今日だから言えることなのですが、、、自分ではない誰かに大丈夫だよって言ってあげることで、言ってあげられることで、自分が大丈夫であることを確かめる、確かめられる。そういうことってあると思うのですが、わたしは、過去のわたしに大丈夫だよって言ってあげることで、いまのわたしが大丈夫であることを確かめる、みたいなことも、けっこうあります。つまり、いまのわたしのためなのですね!いまのわたしのための言葉なわけですね!それでいいと思います。それでいまのわたしが大丈夫になるなら、そそそそっと書いて、そそそそって読んで、こっそりしまっておけば大丈夫です。というわけで、とりあえず、昨日のわたしはオッケーということで!でもでも、そしたら、過去のわたしや未来のわたしに、と手紙を書く余裕なんてないくらい、大丈夫じゃないときはどうしたらいいのでしょう、、たとえば、一昨々日のわたしは、どこに気持ちを向けたらよかったのでしょう、、もしかして、手紙を書く側になる余裕がないなら、手紙を受け取る側になっちゃうのも、アリ?過去のわたしや、未来のわたしが、大丈夫だよって言ってくれるのを待ったり、もしくはもうわたしとかこだわらないで、だれでもいいから大丈夫だよって言ってくれるのを待ったり、そこに罪悪感を感じないのがポイント!!そうです、罪悪感を感じがちなのです。「いまのわたしは、過去のわたしにも、未来のわたしにも、顔向けできない、情けない、、」みたいな。しょせん、わたしのなかの話なのに。なぜ。明日なのか、明後日なのか、一週間後なのか、一ヶ月後なのか、わからないけれど、もしかしたら過去の自分かもしれない、わからないけれど、「大丈夫だよ」って言ってくれるわたしや、わたしではない誰かのことを、想像しても、べつにいいんじゃないかなあ!ね!ね?いやあ、まだ、べつにいいとは思いきれないかも、、あんまりまだわたしのなかでもまとまってないからかなあ、大丈夫じゃないときほど、おかしな方向に思考が進んでしまったりするからなあ、想像力に救われたり、想像力に苦しめられたり、っていうのひとつだと思います、、

未来設計|松浦みる

稽古後の茶碗蒸しがもうすごい良い…身体に染み渡りますねー 茶碗蒸しずっと苦手だったんですけど、なんですかねー…はーい下の方に具が入ってないことに気づいたので、もう集中してブログ書きまーす。テーマ先行でブログを書こう第二弾、今日は未来設計です。小さい頃、理想の自分像を作るのが大好きでした。理想の自分バージョンのプロフィール帳とか、お絵かき帳の左側に絵、右側に経歴、理想の自分の名前は「みのり」ちゃんだったと思います。経歴は、だいたい高校くらいまでです。学校名考えるくらいで、「私立○○学園」みたいな、名前と制服考えるのが楽しい、みたいな。お姫さまとかではなくて、どっかの財閥のお嬢様が最高だったかな…?あとは寝る前に、理想の一日を考えるのも好きでした。設定は専業主婦です。カーテン開けたり、掃除機かけたりします。だいたい昼前には飽きます。今も時々やります。こんな風に、理想を考えることは好きだったけど、これは叶えたい未来ではなく別の人物の話。理想もわりと現実的だったし近い将来までしか興味なかったですが、可能性がある範囲で夢見ていたし、絶対叶えられない部分はパラレルとして分けていました。大きな夢を持ったことはないかもしれないです。そして今の自分は、設計していた未来の最低ラインには達しているなと思うので、現実とのギャップに苦しまない程度に未来を想像してきたんだと思います。まあでも、小学校の頃の「なりたい職業を調べよう」みたいなやつで、ぶっ飛んだ職業を挙げる人はいなかったし、ほとんどの人は現実的ってことですね。おおー👏未来設計をするにあたって、人からのアドバイスを取り入れたことはあまりありません。ほぼバカにして聞いてたと思います。そんなセオリー通りにやんなくても/そんな破天荒にやんなくても、できるし(鼻で笑う)というか達成するまでの過程も、設計に含まれているから、もう他人の入る隙間はないぜと。そういえば、設計の中に他人が出てこなかったように思います。 自分が頑張ればどうにかなる感じでした。あ〜なんか、私もちゃんと、自分が主人公だと思ってたんだなって書いてて気づきました。健全〜😂あと最近は、他の人の方がめちゃ頑張ってるって素直に思えるくらいには成長したので、頑張ってる人の物語の、良い感じの脇役にな〜ろう♪とか思えるんだなっていうのも気づきました。"人は1人じゃ生きていけない"し、"他人は思い通りにならない"し、"人生何が起きるかわからない"から、もう自分の楽しいように未来設計を利用するくらいがちょうどいいな〜って思うんですが、楽しい楽しい自分の想像を他人に壊されたときに、ちゃんと現実に戻ってその人のこと見ることができるくらいには軽い心でいたいものです。と思いました。

思い出話|松浦みる

本番までにこのテーマで書けたらいいな〜っていうのが何個かあって、今日はその1個目で、書いてみます。掘り下げますよっ自分から思い出話をしたいなってことがなくて、むしろあまり話したくなくて、なぜだろう?と。でも人の思い出話を聞くことは面白いから、「別に誰も私の思い出なんて聞きたくないでしょ」っていう理由ではないみたいです。思い出すことが嫌なの?って言われると、まあ確かにそうかもな。自然と思い出しちゃうことって、ネガティブな思い出ばっかりだったりしますからね。じゃあ今のこと考えた方が楽しいですからね。まあでもでも、まだ「思い出す」の段階なので「それを話す」ことについて考えていきましょう。話すってことは、多分話の流れがあるので、どういうエピソードを思い出して話すか、には縛りがあります。別に自分にとって特別強烈な思い出じゃなくても、思い出せたりします。だから普段思い出さないポジティブな出来事も思い出せたりします。あなたの知らない私の話 は、自分を知ってもらえる手がかりになるし、自分のこと客観的に見れて新鮮な気持ちになります。うざすぎない程度なら、コミュニケーションの一環として使っていきたいなと思います。じゃあじゃあ何が嫌なの?で残ったのが、目の前にいる人との思い出を話すこと ですね。あ〜〜これだこれだ、これ苦手!怖いです、「あの時こうだったよね」が一致しない瞬間が。どうだった〜?こうだったよね〜みたいな答え合わせのときに、「え…そんな風に思ってたの?」って引かれたり悲しませたり怒らせたりするのが本当に怖くて、逆に「え…そんな風に思ってたの?」って人の話で自分がショックを受けることも怖くて、でも嘘は言いたくなくて(そこがね、頑固なんだよ全く)だから苦手です。あっあと!!相手にとっての「思い出したくない思い出」なのかもしれないのも怖い!その話をすること自体が、相手を苦しませるかもしれなくて、それに気づかず自分の視点からその出来事を話してもっともっと傷つけるのも怖くて、エピソードも選べないわ、どう思ってたかも言えないわで、だから共通の体験を思い出として語る瞬間が苦手です。多分、相手が語るのも苦手かもしれない。う〜ん。。他の人はそうではないんだろうか、気にしないのだろうか、少なくとも、喧嘩するつもりとか、本当のことを問い詰めるつもりでないんだったら楽しかったことしか話さないですよね。あと、共通認識に自信があるときとか…あ、そうか〜同じこと考えてたっていう自信があるってことなのか〜「わかる!」「同じ!」「わたしもそう思ってた!」ってなんか嬉しいですよね。私も言われたら嬉しいです。ほいほい好きになっちゃいます。あああっ うわ〜そうだ〜この人私と似てるかも!同じこと考えてるかも!って察知する技術をあまり備えてないから、「わかる!」を引き出せる自信がないんですよね!!!せっかく私が何を考えているのか予想して、これなら「わかる!」って盛り上がれるって考えてくれた思い出話を、「いや違うよ」とぶった斬れる勇気はなくて、気を遣っちゃうから、私が気を遣っちゃうから、相手も気を遣っちゃうよねと思っちゃって、気を遣わせるくらいなら、話さない方がいいです…を選んじゃうんですよ。だから相手と共通の思い出話をする技術が身につかないんですよね…共通認識を察知する技術は、慣れと失敗と反省で身につくものなんでしょうけどね…